ニュース&トピックス

JA筑紫の自己改革

 それぞれのJAが、地域の特性に合わせて事業運営を行う中、政府が「農協(JA)とはこうあるべき」と推し進めようと提起しているのが「農協改革」です。

 政府からの提起に対し、JAグループは「食と農を基軸として地域に根差した協同組合」として、「持続可能な農業」と「豊かで暮らしやすい地域社会」を実現するため、自らが改革を進める「自己改革」に取り組んでいます。

 「自己改革」を実現させるためには、組合員の皆様にJAを取り巻く状況や、「自己改革」の取り組みについてご理解いただくことが必要です。今後ともご理解・ご協力をお願い致します。

自己改革に関するパンフレット

農協改革とJA筑紫
自己改革の実践
ふぁみーゆ2018年3月号
「特集:JA筑紫の自己改革」
ほっとしてぐっど

「絆」
JA筑紫の自己改革
ふぁみーゆ2019年6月号
「特集:JA筑紫の自己改革」
ほっとしてぐっど
ほっとしてぐっど

最近のニュース&トピックス

子ども食堂へ寄付

             

 JA筑紫は12月24日、大野城市のNPO法人チャイルドケアセンターへ教育ローン成約件数に応じた寄付を行いました。贈呈式では、JAの白水清博組合長が、法人の大谷清美代表理事へJA農産物直売所ゆめ畑商品券10万円相当を手渡しました。
 JAは、食農を通じたJAらしい地域貢献活動として子ども達の成長に貢献したいと、教育ローンの成約件数に応じた同法人への寄付を3年間続けています。今回は、2018年9月3日から2019年4月26日までの「めざましごはん教育ローンキャンペーン」の成約90件分。
 法人は、子育てのための情報とネットワークづくりをサポートする団体。JA管内5市に38カ所ある「子ども食堂」の支援を行っています。この取り組みは、ボランティアが地域で暮らす大人や子どもを対象に、食事の提供や交流する場を設ける「居場所づくり」の一環。
 大谷代表理事は「商品券は、食堂に来る子ども達の笑顔に繋げるため、大切に使わせていただきたいです」と話しました。
 白水組合長は「地域の子ども達のために、この支援を続けていくことが重要です」と笑顔で話しました。

組合長と児童がおにぎりを味わう

             

 JA筑紫の白水清博組合長とJA職員は16日、春日市立大谷小学校を訪れ、新米を使ったおにぎりを児童と味わいました。お米は、白水組合長や職員が年間を通して児童へ米作りを教え、10月下旬に稲刈りをした「元気つくし」です。児童は一つひとつ大切におにぎりを握りました。
 待ちきれない様子でおにぎりを頬張った児童は、「いつも食べているお米よりも甘くて美味しい」と驚いていました。
 児童から白水組合長へ、米作り指導のお礼として、リコーダーの演奏や合唱、感想文をまとめた文集を贈りました。白水組合長は「米作りの授業を通して、自分のエネルギーとなってくれるお米の命の大切さを知ってもらえたら嬉しいです」と笑顔で話しました。
 授業は、5年生を対象とした「総合的な学習の時間」の一環。JAは児童の食農教育をサポートする目的で、20年以上関わっています。

伝統のしめ縄づくりを体験

             

 JA筑紫は12月14日、JA本店で「第6回JA筑紫ふれあいしめ縄づくり体験」を開きました。これは、JAが取り組むふれあい活動の一環。JA管内の農家の方など3名を講師に招き、参加者30名と輪飾り型のしめ縄を作りました。
 初めてしめ縄づくりに挑戦した参加者は「日本の伝統であるしめ縄づくりを体験でき、とても勉強になりました」と笑顔で話しました。

第64回筑紫地区農業祭

             

 太宰府天満宮で12月12日に、第64回筑紫地区農業祭が行われました。管内の農業関係者や、行政関係者など約200名が参列し、農業の発展と五穀豊穣(ほうじょう)を祈りました。
 祭典では、巫女(みこ)による神楽奏上や参列者の玉串拝礼などで収穫の礼を尽くしました。
 式典では、農業振興に貢献した功労者6名を表彰。笑顔で表彰状と、記念品を受けとりました。功労者を代表して筑紫野市の藤井利春さんが「この受賞は非常に励みになる。今後も農業に精進していきたい」と挨拶しました。
JAの白水清博組合長は「農業祭は64年の長い歴史があります。後世に伝えていくため、今後も農業振興に取り組んでいきたいです」と話しました。

功労者は以下のとおりです。(敬称略)

川辺満子(大野城市)
財津友一(太宰府市)
藤井利春(筑紫野市)
砥綿英彦(筑紫野市)
井上壽孝(春日市)
坂井正之(那珂川市)

過去のニュース&トピックス(PDF)

2018年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

2019年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月

Get AdobeReader PDFを表示するには Adobe Reader が必要です。バナーをクリックしてダウンロードしてください。