農作業ワンポイント

4月

 暖かくなりました。トンネルビニール等は片付け、露地は遅霜に注意しましょう。

  • 定植穴に殺虫粒剤
    羽をもったアブラムシが動き始めています。登録のある殺虫粒剤を鉢または鉢穴に施用しましょう。
  • 枝間隔を頭におき、株間は十分にとる
    葉が大きい大長ナスは枝間隔を40cmに、中長ナスは35cmにしましょう。4本仕立てでは、株間70~80cmに、3本仕立てでは株間55~60cm、1条植えにしましょう。
  • カボチャ、スイカは畝を広げながら
    つるが伸びる場所を含め、3~4mの畑を確保しましょう。つる間隔を25cm程度とれるよう、株間は80~100cm、1条で定植します。キャップや行灯、常時換気した小トンネルなどで保温します。
  • 鉢かん水は前日に、植え付け後少量かん水
    定植の前日午後に、定植鉢にたっぷりかん水しましょう。鉢の上面がわずかに畝面より上に出る程度の深さにして、軽く覆土・鎮圧し、少量かん水します。
  • マルチ孔に追肥はしない
    基肥を予定通り施用しているときは、苗の植え付け場所には追肥をしなくても大丈夫です。
  • 仮支柱と本支柱
    風に揺らされないよう、ナス、トマト、ピーマン類、キュウリ等は仮支柱に誘引します。早めに本支柱の準備をしましょう。

3月

 暖かい日が増え、野菜の生育が進みます。トンネル栽培の換気をしっかり行いましょう。

  • 排水路の整備
    まとまった雨が多くなります。畑の周囲の草刈りと、排水路を整えましょう。
  • 一本ねぎ・九条ねぎの種播き
    横条播きで、不織布をべたがけ、トンネルで苗づくりをしましょう。3~4月播き苗を5~6月に植え、土寄せを行います。一本ねぎは10月、九条ねぎは8月に収穫が始まります。
  • 白ねぎ・中ねぎの植え付け
    数回土寄せして軟白部を長くする白ねぎは、畝幅1.3m、1m長さに40本を植え付けます。中ねぎは倒伏防止のため、土寄せする畝幅は0.5m、1m長さに25本程度植え付けましょう。
  • 白ねぎ・中ねぎの収穫
    ねぎ苗を定植し、白ねぎは3~4回、中ねぎは1~2回土寄せして収穫します。同じサイズの苗を溝植えしましょう。
  • 小ねぎの栽培
    条間17cmに縦条播き、1mに100本苗立ちするよう種を播きます。発芽までかん水し、発芽後は立ち枯れ予防のため、水を控えましょう。草丈10cmを超えたら、かん水を再開します。
  • 軟弱野菜の種播き
    ホウレンソウ、コマツナ、ミズナなどは、種播きから約2か月で収穫できます。発芽~初期は、不織布のべたがけで生育をそろえ、マルチやもみ殻で土砂の跳ね上がりを防ぎましょう。

2月

 寒い日が続きますが、2月下旬には温暖な日もあり、早春の光に恵まれます。夏秋野菜畑の土づくりを進めましょう。

  • 4月末~5月に植える果菜予定地は2月に畝立てマルチ張り
    3月、4月の降雨は、まとまった雨となるため、畑の準備ができないまま、苗が届いてしまうことがあります。1番いい条件で畝立てマルチ張りまで行い、地温の上昇を待ちましょう。
  • 緩効性肥料、速効性肥料を基肥に施用
    CDUS555(15-15-15)、IB化成S1号(10-10-10)など窒素がゆっくりと効く緩効性肥料を窒素成分の半分量入れて、残りは速効性化成肥料で適度な草勢が期待されます。
  • 基肥の施肥事例
    キュウリでは、CDUを100kg、園芸化成48号を100kg入れると、窒素成分31kgを基肥で施すことになります。追肥に窒素3kgを5回施用し1株当たり85本収穫を目指します。
  • 基肥量が多い品目はキュウリなど
    10a当たり窒素成分30kgはキュウリ、トウガラシ、スイートコーン、20kgはナス、つるありインゲン、ニガウリです。初期から勢いをつける生育を目指します。
  • 基肥量が中間の品目はオクラなど
    10a当たり窒素成分15kg程度はオクラ、シシトウ、シロウリ、つるなしインゲンです。初期は適切な草勢で育てます。
  • 基肥量が少ない品目はスイカなど
    10a当たり窒素成分5kgはスイカ、カボチャ、ズッキーニ、12kgはトマト、ミニトマト、ピーマン、マクワウリです。初期は適切な草勢で育てます。