農作業ワンポイント

6月

  6月は梅雨の季節。長雨に入る前にジャガイモなどの貯蔵性の野菜は収穫を済ませましょう。長雨や豪雨に備えて、圃場周りの排水対策を行い、畝内では高畝とマルチに追肥をして根部への酸素と肥料の供給を心掛けるとともに、病害予防のための農薬散布にも気を付けましょう。ごあいさつ 代表理事組合長 藤 政行

5月

  春は気温が急激に上昇します。植え付けられている果菜類は、これから安定して果実をつけるための体力作りと初期の整枝を遅れないように行いましょう。ごあいさつ 代表理事組合長 藤 政行

4月

 4月下旬からは、露地の果菜類(キュウリ、ナス、トマト、オクラ等)の植え付け時期になるため、定植準備を早めに行いましょう。また、暖かくなると病害虫の発生が多くなります。病害虫防除の基本は予防です。作業計画を立て適期防除に努めましょう。ごあいさつ 代表理事組合長 藤 政行