農作業ワンポイント

10月

 気温は20℃を下回り、野菜は順調に生育しますが、害虫が発生します。適期防除を心がけ、肥切れしないよう適期に追肥しましょう。

  • ハスモンヨトウの防除
    昨年は9月下旬に蛾のハスモンヨトウ成虫トラップに誘殺され、10月10日頃から幼虫が発生し被害が出始めました。キャベツ、ブロッコリー、白菜などは残効性の殺虫剤で防除しましょう。
  • 蛾や蝶の仲間も同時防除
    コナガ、ハスモンヨトウは蛾、アオムシは蝶で、いずれも葉に卵を産み付け、幼虫が食害します。幼虫が小さいうちは薬剤が効きやすいため、タイミングを見て防除しましょう。
  • 定植2週間後に追肥1回目
    キャベツは外葉が大きくなり始めています。定植後2週間目に1回目の追肥、結球初期までに2回目の追肥を行いましょう。11月まではNK2号、12月からはS646を用いるとよく効きます。
  • 結球始めに殺虫剤で予防防除
    キャベツの外葉が広がり、株元に薬剤がかかりにくくなる前の結球初期に、株腐れ病と菌核病に登録のある薬剤を十分な散布量で予防散布しましょう。
  • ホウレンソウは何回かに分けて種播き
    10月上旬に播くと11月下旬どり、10月中や下旬に播くと1月どりの予定です。寒いときは草丈20㎝くらいでビニールをかけ生育を促し、草丈25~30㎝で収穫しましょう。株間は5㎝を確保します。

9月

 秋に収穫する野菜の本格的な栽培時期です。9月下旬には、野菜が育ちやすい温度になります。

  • キャベツのセル苗は9月末までに定植
    寒玉キャベツのセル苗は、3~4枚(128穴)が定植適期です。平坦地では25~30日間育てた苗を9月末までに、標高が高いところでは9月20日頃までに植え、小玉化を防ぎます。
  • 殺虫粒剤や灌注薬剤の活用
    キャベツ、ブロッコリー、ハクサイ、レタス類の苗の発芽揃いや定植時には、粒剤や灌注薬剤を活用しましょう。
  • 定植したらかん水
    秋野菜は、苗を植えたらかん水し、活着を促しましょう。かん水をしっかりすることで、初期生育を促し、大きな外葉つくりに役立ちます。
  • 超極早生、極早生タマネギの播種
    約1か月間、太陽熱消毒した畑に種を播き、地床苗が草負けしないように、雑草は小さいうちにとりましょう。9月初旬に播き、45~50日間育てた地床苗を植えられるよう、畑は早めに準備します。
  • ホウレンソウは浸種芽出し播き
    ホウレンソウは、9月まで発芽が揃わないため、布袋に入れた種子を多めの水に5~6時間漬け吸水させます。水を切って冷蔵庫に置き、時々かき混ぜて20~30%発芽したら播種しましょう。
  • 根もの野菜は深耕し、未熟堆肥は不要
    1か月間太陽熱消毒すると、ダイコンの根の虫害が減り、ニンジンの草負け回避が期待されます。小石は取り除き、前作で堆肥をやり、膨軟な土づくりを心がけましょう。

8月

最も暑い時期です。太陽熱土壌消毒に挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • 透明ポリマルチで熱を蓄える
    今年、しおれがでたナス、トマトの畝を消毒しましょう。切わら、落ち葉やもみがらを100㎡に厚さ5cm(250kg)広げ、石灰窒素10kgをすき込み、畝立てします。ホースで水をかけて、透明ポリをかけ、風で飛ばないよう周囲を土で塞ぎましょう。30~40日間、発酵熱と太陽熱を蓄え、雑草種子や病害虫の元を少なくします。
  • イネ科作物栽培後、果菜に挑戦
    9月播きのエン麦(種子0.8~1kg/1a)(オーツワン、たちいぶき、ライ太郎、えん麦)をすじ播きします。年内に堆肥かわりにすき込み、果菜を植え付けると線虫害が減少します。ただし青枯れ病抵抗性、耐病の接ぎ木苗を注文して準備しましょう。台木はナスでトナシム、トマト。ミニトマトはBバリア、レシーブに接ぎ木した苗を指定します。仮支柱は風で揺れないようにする役目がありますが、生長が進むと、その役割は終わります。果菜の生長が早くなり、誘引しないと倒れたり、枝やつるが下に垂れてしまいます。しっかり本誘引をしましょう。
  • 油かすの性質を知り、上手に活用
    畑では、油かすの窒素成分の70%が肥料として効きます。5~10月は、70%が1週間でアンモニア窒素に、3週目にはすべて硝酸態窒素に変わり野菜に吸収されやすくなります。また、遅効性肥料のため基肥に施し、300kg/10aを上限として、30日間の分解の期間をおきましょう。