トップページ ≫ JA筑紫について ≫ JA筑紫概要 ≫ 経営理念

JA筑紫概要

経営理念

経営理念

私たちは、食と農の大切さを次代へつなぎ
安全で安心な農畜産物の提供に努め
地域貢献活動を積極的に展開し
豊かなくらしと、元気なふるさとづくりに取り組みます。

JA筑紫 経営方針

私たちは、協同の力でさらなる自己改革を実践し、食と農を通じた、豊かでくらしやすい地域社会の実現に取り組みます。

  1. 農業者の所得増大に最大限の支援を行い、消費者が期待する安全で安心な農畜産物の提供に努めます。
  1. 組合員の積極的な参加と利用を促進し、地域の活性化への貢献と情報発信機能の強化に取り組みます。
  1. JAの基盤強化と総合的なリスク管理態勢の強化により経営の健全化に努めます。

自己改革取組宣言

JA筑紫は、「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」を基本目標として自己改革に取り組んでいます。

協同組合とは、組合員一人ひとりが力をあわせ、みんなの願いを叶えていく組織です。

JAは、農業者が組織する協同組合です。農業者の所得向上や地域農業の振興を目的に、農畜産物の販売や信用、共済、購買などの様々な事業を総合的に結びつけ、地域農業の振興や地域づくりに取り組んでいます。

農業者以外の方も、地域農業の発展や地域づくり、食を通じた地域農業の応援団として、准組合員に加入いただいています。

いわば、農業者と地域農業の応援団で、JAの総合事業を通じて、地域の農業とくらし、みんなの願いをかなえる取り組みを支え合っています。

JA筑紫はこれからも、協同組合の原点に立ち、組合員のみなさんとの対話を大切にしながら、総合事業の強みを活かして、「地域に必要とされるJA」であり続けます。

以上、宣言します。

令和2年6月26日

JA筑紫 第47回通常総代会